中国留学の現実

中国留学の現実

中国留学の場所選びの際、例えば「上海は、なまりがあるからダメ」というような話を耳にすることがあります。
□■□■□■□■□■□

中国留学の現実

中国留学の場所と「なまり」への考え方

中国留学に、なまりのある場所は適さない?1

□■□■□■□■□■□


(写真:上海の繁華街「徐家匯」)

中国留学の場所選びの際、例えば「上海は、なまりがあるからダメ」というような話を耳にすることがあります。

では、中国留学は、発音が標準語に近い北京が一番良いのでしょうか?

これも、長所と短所があります。

大きくは、中国留学の目的によると言えます。中国留学の目的が中国語検定やHSKなどの資格取得の場合は、北京などの土地がいいかもしれません。

それは、道端で聞こえてくるものが、資格試験のときに聞こえてくる標準語だからです。

これは笑い話ですが、中国留学に行っても「中国語の試験のためには、方言は聞かないほうがいい」として、現地の人と話すのを避ける方もいるとかいないとか。


□■□■□■□■□■□

中国留学の場所と「なまり」への考え方MENU

□■□■□■□■□■□

友達に教える

©中国留学の現実
AX