中国留学の現実

中国留学の現実

中国留学の場所選びのとき、「日本人が少ないところ」というように考える方も少なくないと思います。
□■□■□■□■□■□

中国留学の現実

中国留学は田舎がいい?大都市がいい?

日本人の少ない場所か、大都市か

□■□■□■□■□■□


(写真:上海郊外の風景)

中国留学の場所選びのとき、「日本人が少ないところ」というように考える方も少なくないと思います。

中国留学の失敗の典型としてあるのは、日本人社会だけで生活してしまうこと。ですので、日本人が少ないところで中国留学をするというのは、正しい選択でしょう。

ただし、デメリットもあります。

中国留学する日本人が少ないということは、あまり発展していない土地、ということです。

すると、中国留学した先の学校の、教師の数が少ないこともあります。少ないということは、レベルの高い教師がいる確率も低くなります。

また、食事や病院にも期待はできません。

中国留学だけではなく、海外生活で一番怖いのは病気です。

そのときにお世話になる病院は、日本語が通じないにしても、ある程度の設備のところがいいですよね。

中国留学の成功という意味では、日本人の少ないところが良いのですが、中国留学中の安全という意味では、多いほうが良いとも言えます。

ここは、判断のしどころですね。


□■□■□■□■□■□

中国留学は田舎がいい?大都市がいい?MENU

□■□■□■□■□■□

友達に教える

©中国留学の現実
AX